サルに聞いた管理職として「ダメな中古車査定をデキる中古車査定にする必勝パターン」【まとめ】

様々なタイプがある不眠症

2017年5月14日(日曜日) テーマ:健康

睡眠時間には個人差がありますが、不眠症は睡眠障害とも呼ばれ、それぞれの個人にとって普段の睡眠時間に比べてきわめて短い睡眠時間により、心身の不調が生じている状態をいいます。

 

不眠の症状として、寝つきが悪い。途中で目が覚める。熟睡できない。早朝に目が覚めるなどがあります。これらが同時に起こることもあります。これを見極めることで不眠症の原因を特定して、治療法を考えることができます。

 

不眠症の原因として、精神的また生理的な反応によるものがあります。神経質性とも呼ばれ「今日は眠れるだろうか」と心配することで緊張して眠れなくなるという状態です。この場合は安心してリラックスした状態で眠りにつくことが大切です。

 

近親者の重病や死去、失恋や失業などの精神的ショックによる不眠は、原因となる出来事を乗り越えて心が落ち着くと自然に眠れるようになります。

 

うつ病や神経症などの精神障害による不眠症は、原因になっている精神障害の治療、精神療法や薬物療法などで治療します。

 

その他にカフェイン、アルコール、覚醒剤などの薬物による不眠や、睡眠時無呼吸症候群よるものなどがあり、その原因を改善、治療することが必要です。

 

不眠症はストレスや生活習慣が関与することも多く、穏やかなリラックスした生活が大切です。睡眠薬や安定剤などを上手に服用し、心を安らかに眠りにつけるようにします。不眠症を改善する20の方法