サルに聞いた管理職として「ダメな中古車査定をデキる中古車査定にする必勝パターン」【まとめ】

意外な形で、wifiの契約が役に立ちました。

2017年10月 7日(土曜日) テーマ:wifi

普段、私は2階にある自室にて仕事をしています。

仕事を始めた当初は、自室のみでしかネットを使わないし、プロバイダ(光回線とプロバイダがセット契約)とも有線利用を前提に契約していました。でももしかしてと契約前の注意点を勉強しておいたんです。

仕事先から、セキュリティ上の観点もあり、有線を利用して、決まった場所で仕事に取り組むように言われていました。

1階から上階へ移設工事をしてもらう前、工事の人にwifi利用を検討しているが、どうすればいいか相談してみました。

なぜ移設工事に来られた業者さんに聞いたかと言うと、タブレットを購入し、使うかもしれないということが頭にあったからです。

工事の人は、wifi利用を検討するなら、プロバイダ側に相談したほうが良いと思う、市販品のwifiルータと違って交換してもらえるからと即答されました。

今思えば、あまりの即答ぶりに、この手の相談は多いのかもしれないと思っています。

工事の人の言うとおり、wifi契約をプロバイダ側に付けておいて、良かったです。

随分後の話になりますが、ルータの調子が悪かったときに交換してもらえたこともありました。

あれば市販品だったら、痛い思いをするところでした。

仕事が決まったあと、私は長い間欲しかったタブレットを購入し、自室以外の部屋でもネットを楽しめるようになりました。

自宅ではwifiで、外出先では格安SIMを使って、お得にネットを楽しめるようにしています。

自宅では、ネットで得たニュースなど情報(特にスポーツニュース)を家族に言ったりすることで、家族との話題も増えました。

そして、自分でも意外なことでしたが、wifi契約をした随分後に、本業とは別にクラウドサービスで仕事を始めることになりました。

自室まで行かなくても、wifi環境があることで、リビングやキッチンでもタブレットを使って仕事ができるので、とても助かっています。

やってみたい仕事があれば、すぐに仕事ができるからです。

そして、今はガラケー派の私ですが、いずれは、私もスマホを買うことがあると思います。

 

今後ますます、wifi利用が高まるかもしれないと思っています。