うつ病と神経伝達物質の関係

サルに聞いた管理職として「ダメな中古車査定をデキる中古車査定にする必勝パターン」【まとめ】 > うつ病 > うつ病と神経伝達物質の関係

うつ病と神経伝達物質の関係

2017年3月15日(水曜日) テーマ:うつ病

社会的に問題にもなっていうつ病ですが、その原因はというと確かなことはまだ解明されていません。

しかし研究では、神経伝達物質が深く関係している事がわかってきています。

通常の状態であれば、心を平穏にするセロトニン、何かに対して意欲的な行動を促すドーパミン、緊張や集中をもたらすノルアドレナリンという3つの神経伝達物質がバランス良く働くことで、活動的に英活する事ができます。

ところが、なんらかの原因でセロトニン、ノルアドレナリンが分泌されなくなると、リラックスすることは出来なくなるし、物事に積極的に取り組むことが出来ない、不安を常に抱えているという状態になるのです。

うつ病の治療では、この点に注目してセロトニンやノルアドレナリンの分泌に作用する薬を飲むことで、ネガティブな精神状態に陥ることを防いでいきます。

ただし、症状が改善するのは一時的で、薬の効果が切れてしまうとまた元の状態に戻ってしまいます。またそれらの薬には段々と量を増やさなけれ場効果がなくなる耐性や、禁断症状がでてくる依存症もありますから、処方には十分な注意が必要です。食べ物によるうつ病改善法

薬に頼らずセロトニンやノルアドレナリンを増やすためには日光浴をしたり、運動をしたりすることなどを試してみるとよいでしょう。